年賀状の紙質について

年賀状プリント屋さんTOP > ご利用案内 > 年賀状の紙質について

年賀状の紙質について

官製はがきの場合

一般印刷

対象 データ入稿印刷(一般印刷)、テンプレート印刷

業務用のオンデマンド印刷機で、はがきに直接印刷します。
※「写真印画紙仕上げ」ではございません。

写真の場合も、その他デザインと同様に、通常の無地年賀はがきに直接印刷するタイプです。
写真専門店で販売されている「写真印画紙仕上げ」(写真と同じ印画紙にはがきデザインをプリントしたものと、はがきを貼り合わせる)というタイプではございません。
現像した写真のような光沢仕上げではございませんので、あらかじめご了承ください。

※インクジェット紙ではありません。
当社で使用しております印刷機との相性により、インクジェット紙ではない通常の無地年賀はがきを使用しております。

インクジェット紙でなくてもご家庭のインクジェットプリンタで宛名印刷は可能です。

官製年賀はがきを持ち込みされる場合

官製年賀はがきを持ち込みされる場合は、注文フォームの備考欄にてお知らせください。
持ち込みされる官製年賀はがきはインクジェット紙ではない、通常の白色無地のものをご用意ください。
なお、官製年賀はがきの”お年玉くじ番号”は、完成商品と持ち込みいただいたものとで異なる場合がありますので、予めご了承ください。

写真印画紙プリント【期間限定/データ入稿印刷限定】

対象 データ入稿印刷(写真印画紙プリント)

写真専門店で取扱をされているポストカードと同様に、写真印画紙を銀塩方式でプリントしはがきに貼り付ける、「写真印画紙仕上げ」です。そのため写真ならではの鮮やかで高画質な仕上がりになります。
また年賀状用の写真印画紙(半光沢)を貼り付けるため、光沢がある写真とは違い指紋がつきにくいタイプです。

※印画紙を貼りつける調整のため、通常のはがきサイズより3mm程度小さくなります。
※写真印画紙仕上げは、通信面(裏面)のみとなります。

※【ご注意!】宛名印刷について
お年玉年賀はがきに印画紙を貼り付けするため、通常の年賀状より厚みがあります。
そのため、家庭用プリンタでは宛名印刷が困難な場合があります。
手書きまたは宛名シールのご使用をおすすめいたします。

私製はがきの場合

対象 データ入稿印刷(一般印刷、写真印画紙プリント)、テンプレート印刷

年賀状印刷に適した3種類の用紙から、ご希望の紙をお選びいただけます。

紙の手触り・厚さ、インクの発色具合は、紙の種類により異なります。
直接確認されたい方は、サンプルをお送りしますので、お問い合わせフォームの「その他お問い合わせ」にてご連絡ください。

上質紙180kg/孔雀ケント220kg

印刷用紙の代表的な品種で、高白色、保存性、高不透明に優れています。
また、上質紙は塗料が塗布されていないため、表面に光沢や艶が少ない用紙です。

喪中はがきはこの用紙が向いています。
インクジェットで宛名印刷される場合は、こちらの用紙がおすすめです。

サテン180kg/レイナR220kg

最高級のマットコート紙で、文字の可読性と絵柄の艶を活かした表現が可能となります。
パステル色や白を基調としたあっさりした年賀状のデザインに向いています。年賀状に高級感を演出したい方におすすめです。

インクジェットプリンタによる宛名印刷は保証いたしかねます。
ボールペンによる手書き、または宛名シールの使用をおすすめします。

アートポスト180kg/アートポスト220kg

美しい光沢となめらかな肌合の印刷が可能です。
フルカラー印刷にも適した最高レベルの印刷用紙です。

インクジェットプリンタによる宛名印刷は保証いたしかねます。
ボールペンによる手書き、または宛名シールの使用をおすすめします。